契約書チェックシート「AI風契約書チェッカー」

AI風契約書チェッカーとは

常々,契約書をチェックしています。
契約書のチェックは,既に紛争となった状態ではなく,紛争を予防する目的から行われるため,前向きなもので好きな業務の1つです。

契約書チェックの効用については,以下をご覧ください。

契約書のポイント
はじめに 事業に際し,金銭あるいは物を借り,また,物を買い(仕入れ),物を売り(販売),人を雇うなどの法律行為が必要不可欠です。 将来のトラブルやリスクを回避するために,法律行為を行うにあたっては,その内容を書面として残しておく,つまり,契約書を作成することが必要不可欠です。 契約書はただ作成すればよいものではなく,当方にとって不利な内容でないか,将来どのようなリスクが生じる可能性があり,その対策が採られているのか等多岐にわたりチェックすべきポイントがあります。 トラブルが発生してしまっ...

ただ,上記にもあるように,パワーバランスの問題もあり,どっちつかずの回答になることも少なくありません。
リスクがあるが,そのリスクを指摘すれば,契約が壊れてしまうという場面などです。
複雑な判断が絡み合うので,その契約書が良い契約書なのか,悪い契約書なのか,明確に伝えづらいところがあり,伝わりづらいところがあります。

そこで,以下のような契約書チェックシート「AI風契約書チェッカー」をリリースしました。

AI風契約書チェッカーの内容

一目瞭然,以下をご覧ください。

契約書を自社に有利か不利かを基準に100点満点で数値化します。

70点以上が合格点です。70点に満たない場合は見直す必要があります。

 

チェックフィー

1通10万円(税別)

お申し込み

お問い合わせ
お電話によるお問い合わせ 052-223-5860 フォームによるお問い合わせ ご記入が終わりましたら,確認のうえ,上記ボタンを押して下さい。 ※お問い合わせいただいた結果,ご連絡をお約束するものではありません。お急ぎの方はお電話でご連絡ください。 ※原則として,面談によるご相談のみを受け付けています。面談の見込がない方のお問い合わせには,応じかねます。  個人情報の取扱いについて ご記入いただいた個人情報は、お問い合わせへの対応および確認のためのみに利用します。 また、この...

 契約書チェック無料サービス

顧問契約を締結していただいた方には,原則として無料で「AI風契約書チェッカー」による契約書チェックを行います。

法律顧問(顧問弁護士)
サブスクリプション型法律顧問(顧問弁護士) 法律顧問(顧問弁護士)とは,会社または人と弁護士とが継続的な契約(顧問契約)を締結し,継続的に法律相談を受け,法律事務を行う業務です。 顧問弁護士が存在すると,顧問弁護士に対し気軽に迅速な対応を求めることができ,的確なアドバイス,法律事務を,迅速に高い費用をかけることなく受けることができます。 顧問弁護士に対し気軽に迅速な対応を求めることができ,的確なアドバイス,法律事務を,迅速に高い費用をかけることなく受けることができます。 特徴 ...

 

タイトルとURLをコピーしました