個人業務

個人業務

借主が死亡した場合の残置物処理について

質問 【相談の背景】 アパート1棟を経営しています。 1人暮らしの借主が亡くなりました。 30年以上前から入居しており、入居時に保証金もなく、保証人も付けておらず、親族の連絡先も聞いていません。 (結婚しておらずおそらく子供はいなかったかと) 家財道具があり、こちらで勝手に処分はできないようですが、この場合、 相続人がいたとして(借主の兄弟?)、もしその相続人たちが解約と処分に応じず、相続放棄をしてしまった場合、相続財産清算人...
new

債権回収

債権回収について 個人対個人,法人対個人,個人対法人でも同様です。
個人業務

仕組債[EB債]をやめるには?

質問 相談の背景 12月の末に、取引のある銀行員から同じ関連会社の証券会社のすすめで、仕組債を契約してしまいました。ただ契約するまで、仕組債、もしくはEB債とは一度も聞いたことはなく、債券とだけ言っていました。そして、ありとあらゆる営業トークで、例えば今銀行に預けてても、金利が安い。これは7%から9%の利金がおこづかいみたいに入ってくる。手数料は全くない。この会社は今登り調子で、ノックインはまずない。等言われました。そして、仕組債とは知らずに契約してしまいました。...
new

闇バイトってどうですか。

質問 そもそも闇バイトって何? 弁護士の回答 以下のとおりですので,関わらないようにしましょう。 ●闇バイトとは ・正式な用語ではなく明確な定義はない。 ・警察庁によれば,犯罪実行者募集の一形態とされる。 ・ 目先の利益を手に入れるため,「闇バイト」に安易に応募し,特殊詐欺 や強盗等の重大な犯罪に加担してしまうことが大きな社会問題になっている。 ・ アルバイトではなく,犯罪である。 ・ 「闇バイト」の募集...
new

ロマンス詐欺,仮想通貨詐欺にあってしまった。とりかえしたい!

質問 ロマンス詐欺,仮想通貨詐欺にあってしまった。とりかえしたい! 弁護士の回答 ロマンス詐欺や仮想通貨詐欺といわれる主にSNSを通じて勧誘し,多額の投資を引出すという手口は,近年,増えています。 このような類型に対しては,絶対に関わらないというのが対処法です。そのような都合のよい話があるわけありません。 仮に,詐欺に遭ってしまったというケースでは,それを取り戻すのは容易ではありません。 まず,加...
new

訴訟で相手方が真実でない主張をしてきて頭にきます。

質問 訴訟で相手方が真実でない主張をしてきて頭にきます。 弁護士の回答 裁判手続は,自己に有利な主張するを手続きなので,それが事実かどうかはさておき,目いっぱい有利な主張をすることが多いです。 事実でない主張は,結果として自らの首を絞めることになることがほとんどですが,そのまま主張することが多いです。そのような姿勢では結果として不利になることが多いですが,現実問題として,そのようになっています。 そのため,相手方の主張は,...
よくある質問

患者,顧客,取引先から書面で謝罪することを求められている

質問 患者,顧客,取引先から書面で謝罪することを求められています。 どうすればよいですか 弁護士の回答 最近よくみられる類型ですね。 貴社(貴殿)に注意義務違反,つまり非はありそうですか? 質問 非は全くありません。 弁護士の回答 そうであれば,不当な要求をされているということですね。 書面を出す義務も意味もないように思われます。 ...
信託

家族信託って?

総論 家族信託というものが広まっています。その中で,認知症等で法的判断能力が十分で無くなってしまう場合に備えて家族信託をしようという動きがあります。 家族信託とは法的概念ではなく,一般に信託法を用いた財産管理の方法を家族信託と称しているようです。概念が曖昧なので,さしあたり,信託契約として,以下進めます。 認知症等で法的判断能力が十分で無くなってしまった場合には,後見,保佐,補助という制度があり,厳格な手続,監督体制のもとで,財産管理を行っています。 このこととの関係で,信託契約では,手...
よくある質問

債権回収

A社法務担当 B社に部品を売ったが,売掛金が回収できない! B社社長は自社も売掛金の回収ができないから待ってくれと言っています。 待っているのですが,支払われる見込がなさそうです。 どうしたらよいのでしょうか。 売掛金の回収ができないというご相談はよくある相談です。 弁護士としては,よくある話ですが,中小企業にとっては,大きな悩みとなってしまいます。 そこで,売掛金の回収ができない場合を含め,債権回収について,ご説明します。 ...
個人業務

内容証明郵便

質問 相手方がお金を支払ってくれません。 内容証明郵便を出した方が良いですか。 弁護士の回答 内容証明郵便は,通常の郵便と異なり,「いつ,誰が,誰に対して,どのような内容の文書を送ったのか」を証明することができる郵便方法です。 一般に,内容証明郵便によって絶大な効力が発生すると考えられているところもありますが,正しくは,上記のとおりであり,それ以上ではありません。 たとえば,時効の援用(時効によって利益を受ける意...
タイトルとURLをコピーしました