blog

blog

第1回[名古屋]法務・知財 EXPOに行ってきました。

はじめに 第1回[名古屋]法務・知財 EXPOという「あらゆる組織・団体にとって必要不可欠な企業法務・知財サービスから、最新のリーガルテックまで」を展示した催しに行ってきました。 働き方改革EXPO,会計・財務EXPOなども同時開催されていました。 なお,EXPOとは,英語 で博覧会を意味する「exposition」の略だそうです。 AIの進化により,人が担う労働の幅が縮小すると言われています。 色々な考え方があるかと思いますが,私...
blog

中日ドラゴンズ沖縄キャンプ2020

ご縁で中日ドラゴンズの関係のお仕事を少しだけさせていただいています。 スポーツ選手の引退後を考える名古屋セカンドキャリア研究会というものの関係で,中日ドラゴンズベースボールアカデミーに関与させていただいたりしております。 その関係で,中日ドラゴンズの沖縄キャンプを訪問させていただく機会があります。 もともと少年ドラゴンズというものに加入するほど野球が好きで,今でも草野球に参加するほどです。 プロ野球については,あまり関心がな...
blog

Lawyers Link

当事務所も登録しております”Lawyers Link”について,ご紹介します。 法人、個人事業主からの法的な相談に、ローヤーズリンク登録弁護士がお答えするサイトです 法人、個人事業主(以下、ビジネスユーザー)はニックネームでも利用できます 他のビジネスユーザー、弁護士に相談する「一般相談」と、弁護士のみに相談する「個別相談」、目的によって相談方法の使い分けができます ビジネスユーザーは有料です。現在、先着限定30社様、6カ月間無料キャンペーン中!(web site:より) ...
blog

IT化

パソコンが好きで,その他デジタル機器等最先端のものに適応して来たつもりですが,年のせいか,昨今の何とかペイ等については,何が何やら…という状況でした。 キャッシュレス減税(実際はポイント還元)なるものもあるようで,重い腰をあげ,当事務所でも各種最先端の支払いに対応できるようにしようと鋭意検討するつもりです。 支払いのみならず,技術の進歩は仕事のあり方を大きく変えています。 私は,音声入力を使って書面を作ったり,マクロを組んで事務処理したりして省力化,合理化をはかっています。 ...
blog

2020/1/6 業務開始

今日から2020年、令和2年の業務を始めました。 独立して9年目、知らず知らずのうちに什器備品もくたびれてきていたので、相談室の椅子を一新しました。 前の色は白、今回は黒。深い意味はありませんが、裁判官が着る法服は黒です。何色にも染まらないように。
blog

2020/1/1 本年もよろしくお願い申し上げます。

旧年中はひとかたならぬご厚誼を賜り,誠にありがとうございます。 本年も相変わらず,よろしくお願いいたします。 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 令和2年元旦 水越法律事務所 昨年は,8年ぶりにwebを大幅改訂しました。 8年前の技術はもはや陳腐化し,8年前には想像もつかなかった各種変革がありました。 webは8年前から使われていましたが,スマートフォンの一般化によって,webもスマートフォン向けにアジャストしてみました。 音楽が,カセッ...
blog

2019/12/28 年末年始休業のご案内

2019/12/28~2020/1/5まで,休業いたします。 よいお年をお迎え下さい。
blog

二兎を追う者は一兎をも得ず

 弁護士をしていると,ことわざや故事成語といった昔ながらの言い伝えがまさに正しいと実感する場面が多いです。  その例として,題名の「二兎を追うものは一兎も得ず」というものがあります。同じ趣旨のものとして,「虻蜂取らず」という言葉もあります。  あれもこれも,という強欲さが問題となっているという場面ではわかりやすいです。  よくあるのは,相手を怒らせたくない,相手に恨まれたくない,安全を確保したい,他方で,権利を実現したい,という主張・心情です。  結局どちらも追おうとす...
blog

紛争解決の流れ

  Step1 当事者間での交渉 やりとりが困難 妥協が困難   感情論だけで会話にならない!お互い主張をするばかり!解決できない! Step2 弁護士による交渉 法的な主張 相手方の希望との調整 裁判を見据えた交渉 弁護士 後に裁判となる場合を考慮して交渉する等により,代理人が介在することで,解決に向かうこ...
blog

和解のコツ

紛争解決手段    紛争解決手段は,大別して,以下の二つがあげられます。 誰かに判断して貰う=判決,審判,決定等 自分で決める=和解(示談) 和解のメリット  弁護士として,和解を勧めずに,粛々と訴訟等を進行することは容易ですし,ストレスも少なく,精神衛生上も望ましいことではあります。 しかしながら,紛争解決,特に依頼者の利益をはかるという観点から考えると,判決を得るというのは大変リスクのあることですので,和解...
タイトルとURLをコピーしました