新型コロナウイルス感染症(COVID-19)専用ページ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の情報をまとめました。

クリック

相談

IT

フリマアプリのトラブル

質問 フリマアプリで,トラブルになっているのですが,運営主体が何もしてくれません。 どうすればよいでしょうか。 弁護士の回答 個人的には,不法行為にあたると考えます。 指摘を受けて分かっているにもかかわらず,削除しないわけですので。 掲示板の書き込みについても同様の問題があり,訴訟の積み重ねによって掲示板管理者の責任が明確になっていったということもありました。 お書きのような事態が往々にして発生しています。...
IT

新しいビジネスを考えたのですが

質問 新しいビジネスを考えたのですが,リーガルリスクについて不安です。何か対処法はありませんか。 弁護士の回答 万全を期することをお望みであれば,監督官庁に問い合わせる等して事前に確認をする方法があります。 グレーゾーン解消制度という制度も導入されており,しっかりとした手順を踏めば,リーガルリスクはある程度減少させることが可能です。
blog

フリマアプリの現状と対策

報道によると,ネット不正出品の対策開示をフリマサイト等に求める法案を検討するとのことです。 フリマ取引は,立派な法律行為であるにもかかわらず,そのように意識されず,知らず知らずのうちに違法行為を行ったり,法律的なトラブルを生んだりしてしまいます。 もっとも,特に若年層にとって,フリマアプリは,一人の独立した人格として,社会に参画するよいきっかけになると思います。主婦層や高齢者にとっても,容易に現代の社会に入ることができるというよい役割を有していると思い...
blog

民法改正(債権法改正)

令和2年4月1日より民法の一部の改正が施行されました。 具体的には,法定利率,債権譲渡,定型約款や売買,賃貸借,消費貸借,使用貸借,請負,委任,雇用の各契約形態についての定めなどが変更されています。 改正点は多岐にわたりますが,多くは,実務上,解釈によって補完してきた旧法を実務運用に合わせて変更したというものです。 また,それらの多くは任意規定といって,当事者間で民法と異なる合意をすることも可能であるものです。 したがって,契約書の見直しにおいても大がかり...
blog

北風と太陽

弁護士をしていて,多くの紛争を目の当たりにして,行き着いたのが,北風と太陽でした。 むかしむかしの おはなしです。 きたかぜと たいようは、いつも じまんばかり していました。 「わしの ほうが えらいんじゃ」 きたかぜが いいます。 「わたしの ほうが えらいと おもいますよ」 たいようも まけません。 「それなら、しょうぶしよう」 そこへ、たびびとが やってきました。 たびびとは ぶあつい まんとを きています。 「さきに まんとを ぬがせた ほうが かちじゃ...
blog

弁護士(法)はアクセルかブレーキか?

スタートアップに関わるにあたり,過去に書いたものを思い出しました。 弁護士の職務,すなわち法はアクセルかブレーキかといえば,間違いなくブレーキであると思います。 自動車が用を為すには,アクセルだけでなく,適正な,良く効くブレーキが必要です。 有名どころの自動車メーカ-である,メルセデスであれ,トヨタであれ,ホンダであれ,一番の重要研究対象はブレーキであり,ブレーキ無くしてエンジンパワーを発揮することはできないものです(推測。)。 いつでも止まることができるから,スピー...
blog

新型コロナウイルスとの戦い方(雇用調整助成金)

この苦境の中,中小企業にとって,新型コロナウイルスとの戦い方は以下とおりであると考えています。 1 雇用の問題 雇用調整助成金をうまく活用して 凌ぐ 2 資金繰りの問題 特別貸付制度を利用して凌ぐ 3 その後の問題 目処が立たない場合には破産 個人的には,この苦境を乗り越えて…とは思いますが,弁護士としての視点からは,債務超過の事業については,無理に頑張る必要はなく,破産手続き開始申立により,一旦,手仕舞うことも良策であるようにも思います。 破産という...
blog

新型コロナウィルスでの経営被害。どーする?中小企業

Lawyers Linkのニュースレターとして執筆したものをアレンジしています。 はじめに 新型コロナウィルスおよび非常事態宣言は、日本経済に大きな影響を与えています。 感染抑止に最善の方策とはいえ、社会活動の超鈍化は、中小企業にとって死活問題です。 経営現場では、どのような状況になっているのでしょうか? 今回は、水越法律事務所の水越聡弁護士にお聞きしました。 Q1:中小企業から、どのような相談が寄せられていますか? 大きく分けて以下の4類型でし...
blog

zoomでの法律相談・打ち合わせ

zoomによる打ち合わせや相談を行いはじめましたが,面談とほぼ同様の質を保つことができ,大変便利です。 知らない方とは…と思っていましたが,まったく繋がりのない方からの新規相談をzoomでやってみたところ,大変よい感じですることができました。 是非,お試しください。
相談

覚書の法的拘束力について

質問 不動産業を営んでいて、お客様のマンションの買取の覚書を交わしました。金額と期日が書いてありますが、その通りの買取ができない状況になっています。 お客様とは、1年前からやりとりをしていて、覚書の約束が守れないと説明すると、大変お怒りで、訴訟するとのお話でした。 この場合、覚書は、どれぐらいの法的拘束力を持つものでしょうか? 弁護士の回答 覚書が作成された経緯,覚書の内容等によって効力は変容し,必ずしも一義的ではないものと考えら...
タイトルとURLをコピーしました