新型コロナウイルス感染症(COVID-19)専用ページ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の情報をまとめました。

クリック

中日ドラゴンズ沖縄キャンプ2020

ご縁で中日ドラゴンズの関係のお仕事を少しだけさせていただいています。

スポーツ選手の引退後を考える名古屋セカンドキャリア研究会というものの関係で,中日ドラゴンズベースボールアカデミーに関与させていただいたりしております。

 

 

その関係で,中日ドラゴンズの沖縄キャンプを訪問させていただく機会があります。

もともと少年ドラゴンズというものに加入するほど野球が好きで,今でも草野球に参加するほどです。

プロ野球については,あまり関心がなくなっていましたが,キャンプは,少年時代の気持ちを思い出すようなノスタルジックで大変良いものです。

ナゴヤドームでの観戦では味わうことのできない,バッティング,キャッチングの音のみならず,選手たちの気合いの声まで聞こえてきます。

公式戦では見ることのできない,将来のスター候補生の努力や裏方さんの頑張りなども間近で見ることができます。

選手たちも楽しんで練習をしているように見えることもあり,ほのぼのして大変面白いです。

お時間のある方は,是非,キャンプを見に行くことをお薦めします。

中日ドラゴンズのキャンプを見に行く場合は,北谷だけでなく,読谷にも足を運ばれることを強くお薦めします。

北谷も牧歌的な雰囲気ですが,読谷はより素朴な感じで,大変見応えがあります。

 

今年は,北谷では,阪神タイガースとの練習試合をみることができました。

一枚目の写真は,名古屋セカンドキャリア研究会で,大変お世話になり,今年からコンディショニングコーチに復帰された三木安司コーチです。

読谷では,石川昂弥選手の新人離れした存在感や,岡林勇希選手のセンス溢れるバッティング,大島,平田両選手のレベルの高い動き,福谷投手のうなるようなストレートが印象的でした。
あまり注目されてないであろうところでは育成の石岡諒太がシートバッティングでホームランを打ってアピールしていました。同選手は何年か前のキャンプから注目しており,是非活躍してもらいたいと期待しています。

 

タイトルとURLをコピーしました